【男が教える】彼氏に振られた時のベストな対応3つ。復縁の可能性を高めるポイントとは?

「彼氏に振られてしまい、その後どう対応していいかわからない」
「近いうちに彼氏に振られてしまいそう…いざ別れ話をされた時の準備をしておきたい」

このように

彼氏に振られた時、復縁につながるベストな対応を知っておきたい

と思っていませんか?

恋人に突然振られてしまい、どうしていいかわからず、後味の悪い別れになってしまった…という方は多いです。

特に何の予兆もなく突然振られてしまった場合、心の準備ができておらず、感情に任せ、「別れないで!」とすがりついてしまうケースも、これまた非常に多いです。

しかし、もし彼の事が好きで、まだ未練があるなら、むやみやたらにすがり付いて別れを引き延ばそうとするのはナンセンス。

そうなってしまわないよう、振られた時や、振られた後、復縁に繋げられるベストな別れの対応を知っておきましょう。

今回の記事では、男性視点から「彼氏に振られた時、復縁につながるベストな対応」をご紹介します。

別れ話での失敗を取り戻したい
万が一のために備えておきたい

という方はぜひ参考にしてみてください。

振られた時の対応次第で復縁の成否が決まる?

女性男性に限らず、「別れた恋人とよりを戻したい」と復縁を目指し、様々なテクニックを実践されてる方は沢山いらっしゃいます。

私もよく相談を受けますが、

「なかなか連絡を返してくれない」
「返事が冷たい」
「ブロックを解除してくれない」

と、なかなかスムーズに復縁が進まない方に共通しているのは、振られてしまった時の別れの対応がまずかったという点です。

「終わりよければすべてよし」

という言葉がありますが、逆に、別れの際に彼に悪い印象を持たれてしまうと、なかなかそのイメージを払拭するのは難しいです。

恋人を振るということは、もう気持ちがない、もしくは彼女よりも大切なことがあるということ。

いくら引き止めても彼は

「別れ際まで面倒な女だった」
「もうしばらく恋愛とかはいいかな…」

と思ってしまいます。

なので、振られた時はとても辛いと思いますが、基本的には、とりあえず一旦は別れを受け入れましょう

一度別れて、気持ちを整理してから復縁した方がその後の関係のためにもいいですし、彼の気持ちを取り戻すにも効果的です。

ここからは具体的に、別れの原因別・状況別に、復縁に繋がるベストな対応をみていきます。

振られた時のベストな対応(状況別)

他好き・飽きられてしまった→あっさり別れを受け入れてしまう

  • 他の女性を好きになってしまった
  • 彼女に飽きて、自由に遊びたくなった
  • どちらも男性が別れを選ぶ、最も多い理由の一つです。

    この場合、別れ話をされた際のベストな対応としてはとにかく未練を見せず、すんなり別れを受け入れることです。

    他に好きな人ができた、遊びたくなったというのは、完全に男性側の都合ですよね。

    一方的な都合で別れ話を切り出す男性の心理としては

    「はっきり言った方が後々面倒にならないで済むだろう」
    「別れたくないって泣きつかれるだろうな…」

    このような感じです。

    一貫しているのは悲しいことですが、今の段階では、彼にとってあなたは重要な存在ではないということです。

    彼女のことは大切だけど、自分の気持ちにも、彼女にも嘘はつけない

    という場合もなくはないですが、そもそも他の女性を好きになるということは、あなたへの愛情が冷めていた証拠です。

    基本的には他好きや、恋人関係に疲れたなどの理由で別れを切り出す場合は

    なるべく面倒なことにならないよう、スパッと別れたい

    というのが男性側の本音。

    ここでゴタゴタと駄々をこねてしまうと、本当に面倒な女になってしまいかねませんし、
    自分の魅力を著しく下げてしまうことにもつながるので、復縁の可能性はガクッと下がってしまいます。

    そうならないためにも、彼から別れ話を告げられたら

    わかった。他に好きな人がいるなら仕方ないね
    私も少し距離を置いた方がいいと思ってた

    と、一旦きっぱりと別れてしまいましょう。

    別れをすんなり受け入れられると、男性からすれば

    最後までいい彼女だったな、一方的に振ってしまって何だか申し訳ない

    と思い、最後の印象が良くなります。

    また、

    絶対泣きついてくると思ったのに。すんなり別れられたのはいいけど、なんかあっさりしすぎてるよな…

    というように、肩透かしを食らって、少しモヤモヤが残ることもあるでしょう。

    いずれにせよ、彼にあなたへの気持ちがないのに無理に引き伸ばしても無駄です。

    面倒な女になってしまわないよう、この場合は、なるべくすんなりと別れを受けるようにしましょう。

    >>他好きされて振られた彼氏と復縁する方法。別れ際とタイミングが最重要

    やむおえず別れなければならない→応援している姿勢を見せる

    転職や転勤、受験勉強、目標達成のため、など、

    「何かに集中したいため時間が取れない」
    「遠方への転勤で会えなくなる」

    という理由で振られてしまうというのも、別れの原因に多い理由の一つですね。

    彼女のことを嫌いになったわけじゃないけれど、優先すべきことが他にある

    まだ気持ちが残ってるのに別れ話をしなければならない彼も、相当辛いはずです。

    仮にアナタが別れをごねても、彼があなたを嫌いになることはないでしょう。

    しかし、あなたの事が好きなのに別れを決めたということは、それだけ覚悟が固いということ。

    どれだけ止めても結果は変わらないでしょう。

    しかし、先ほどのようにあまりにもあっさりと別れを受け入れてしまうのは得策ではありません。

    この場合は「別れても応援してるからね」という気持ちを伝えてからお別れしましょう。

    理解者という立場は、彼の身辺が落ち着いてまた恋愛がしたくなったとき、復縁の大きな武器になります。

    俺のことわかってくれるのはこいつだけだ

    そんな思いを持ってもらったままお別れをすることができれば、彼の環境が落ち着けば、彼の方からまた連絡がくるはずです。

    完璧に関係を絶つのではなく、別れた後も近況報告や、相談に乗るなど、近しい関係を保てればなお良いですね。

    自分が原因→思い当たることを謝る

    自分でも気づかないうちに彼を疲れさせてしまっていたり、依存して束縛してしまっていた

    これも、カップルが別れる理由ランキングの上位に食い込んでいます。

    別れの際、彼から直接は言われなくても、振り返ってみて思い当たるところがあれば、それが振られた原因と考えて間違いありません。

    この場合は、彼は少なからずアナタに嫌悪感を抱いています。

    「付き合いたてはこんなんじゃなかったのに」
    「あーめんどくさい」

    という思いがあるので、この場合も何を言っても無駄です。

    今まで本当にごめん!悪い所全部直すから考え直して!

    と言うのもお勧めしません。

    共に過ごしていくうちに芽生えた嫌悪感というのは、そう簡単には取れないからです。

    この場合は、振られてしまった後、ラインでもメールでもいいので、一言

    私のこういうところがいけなかったんだよね。〇〇君を困らせて本当にごめん

    と謝罪のメッセージを入れておきましょう。

    私は振られた原因わかっていて、それを改善するつもりがあるよ

    という意思が彼に伝われば十分です。

    少なくとも彼の嫌悪感も少しは和らぐはず。

    この時にあっさりと「はいわかりました」と分かれてしまうと、「なんて自分勝手な奴なんだ」と思われ、逆効果ですので、必ず謝りは入れるようにしましょう。

    >>彼氏に振られた理由が分からない人が彼の本心を見抜く方法。復縁のための第一歩

    振られた時の対応でやってはいけないこと

    ここまで、代表的な別れの原因を三つに分けて「彼氏に振られた時、復縁につなげるベストな対応」をご紹介しました。

    別れ話ですがりついてしまった…

    と言う場合でも

    「応援してるよ」
    「今までごめんね」

    と、メッセージを入れることはできるので、今からでも遅くないので、一言入れておきましょう。

    しかし、これだけではいざという時に、少しミスをしてしまいかねません。

    振られた時の対応を知った後は、、別れ際に絶対やってはいけないことも併せて知っておきましょう。

    どれも復縁の確率を下げてしまうNG行為ですので、しっかりと確認しておきましょう。

    涙を見せる

    振られた時、もっともいけないのは涙を見せることです。

    特に、飽きられてしまった彼が他の女性を好きなってしまったという場合は、特に避けるできるべきです。

    彼氏の都合で振られると、そう簡単に納得できませんし悔しいですが、すでに別れの気持ちを決めている彼からすると、いくら泣かれても「面倒くさい」という感想しか持ちません。

    男は女の涙に弱い

    という言葉もありますが、それは少なからず気のある女性に対してのみの話です。

    あなたが直接「別れたくない」と言葉では言わなくても、涙を見せてしまうだけでその意思が彼に伝わってしまいます。

    好きな人の別れはとても悲しいものですが、「必ずもう復縁する!」と覚悟を決めて、ここは一旦耐え忍びましょう。

    「なんで?」と理由を追求する

    振られた時の対応でやってはいけないこと」。二つ目は「なんで?」と理由を問い詰めるです。

    言わずもがなかもしれませんが

    「他に好きな人でもできたの?」
    「私のどこが悪かったの?」

    と問い詰めてしまうと、彼にあなたの未練の気持ちが全部伝わってしまいます。

    また

    もう別れるって決めたんだから理由なんて聞いてもしょうがないだろ…

    と、これまためんどくさがられてしまう要因の一つになります。

    そもそも男性は、別れの際に本当の理由を言わないか、面倒を避けるために口をを濁すというケースがほとんど。

    振られた直後は理由なんて聞いても意味がないので、彼にマイナスに思われる行動はなるべく避けたいところです。

    極端なことをするブロック、待ち伏せ

    最後、三つ目は

    「ラインをブロックして連絡を取れないようにする」「彼を待ち伏せしているもう一度話をしようと踏ん張る」

    など、「極端な行動をとる」ことです。

    分けれの反動で自暴自棄になってしまい「もう二度と連絡なんてするもんか!」と、lineやsnsをブロックし、電話を着信拒否にしてしまうといった、極端なことをしてしまう女性は多いです。

    しかし、これは逆にあなたの未練を彼に見せてしまうことになりますし、連絡が取れるチャンスが巡ってきても、一度ブロックしているので連絡が取りにくくなってしまいます。

    また「もう一度話がしたい!」という思いから、彼の行くところ行くところで待ち伏せをして、ストーカーのように思われてしまうというケースも実は多いです。

    これは何より彼に引かれてしまいますし、メンヘラだと思われてしまっても仕方がないです。

    こうなってしまうと復縁の可能性はゼロに等しいので、絶対に避けるようにしましょう。

    振られた後は思い出の品を整理して、少しの期間彼を忘れよう

    彼に振られてしまっても、別れをきれいに済ませて、適切なタイミングまで待てば復縁のチャンスは必ず訪れます。

    それまでは彼をなるべく思い出しすぎないよう、思い出の品を整理して、自分を磨き、成長させることに時間を使いましょう。

    彼のことが気になってLINEのトーク画面やsnsのタイムラインばかり見てしまっていても、冷却期間が過ぎないことには、彼からの連絡は来ないと思っておいたほうが無難です。

    また、彼からのプレゼントなどを身近なところに置いていると、これまたどうしても彼のことを思い出さざるを得ません。

    なので、捨てなくてもいいので、自分の目の届かないところに思い出の品を整理し、冷却期間の間はなるべく彼を思い出さないようにする事です。

    復縁には絶好のタイミングというのがあるので、その時が来るまでじっと耐えしのぎましょう。

    >>冷却期間はどのくらい必要?元彼と復縁したいなら押さえておきたい冷却期間の目安

    引き止めるのではなく取り戻す

    彼氏に振られてしまったとき、復縁につながるベストな対応」をまとめると、彼に振られてしまった時は引き止めるのではなく、取り戻すという意識を持ちましょうという一言に尽きます。

    彼の気持ちが離れてしまっていても、たとえ嫌われてしまっていても、それは別れの前後だけ一時的な感情です。

    冷却期間をきちんと置けば、彼があなたの大切さを再認識してくれるタイミングが必ず訪れます。

    一時的な感情に惑わされず、自分磨きをして、適切なタイミングまで待つことが大切ですね。

    また、こちらの記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった



    「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」

    を掲載しています。

    今現在、「もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。

    ➡️体験談を見てみる