彼氏に一方的に振られた時の復縁方法|冷却期間はいりません!

些細なことで喧嘩して、突然振られてしまった
なんで振られたのか理由が全然わからない

このように、大した理由もないのに、突然振られてしまった・・・

と落ち込んでしまっているあなた。

どうしたらもとの関係に戻れるのかな・・・」と悩んでいませんか?

突然別れを切り出す。と言うのは主に

・神経質で細かい男性
・すぐに切れる男性
・自分の思い通りにいかないと納得がいかない男性

このような方に多いです。

あなたはなんにも悪いことをしていないのに、突然振られてしまった場合は、
大体の場合、女性側がなにか悪いことをしたというわけではありません。

彼氏の一時的な感情や、自分の思い通りに行かないといういらいらが積み重なって
感情のままに別れると言い出したケースが多く見られます。

実際に、心あたりがない場合や、なんでいきなり?って感じではないでしょうか?

でも大丈夫。

そういう突発的な別れの場合は復縁しやすいです。

あまり時間も経っていないですし、お互いが話し合えればスムーズによりを戻せます。

落ち込む前に原因を探ろう!

別れて、そう時間が経っていないのであれば、すぐにでもよりを戻す準備をしなくてはいけません。

まずは、何が原因で彼に振られてしまったのか?

その原因を考えてみましょう。

いくら突然と言っても、彼が別れを切り出したのには何か原因があるからに違いありません。

何か彼の気に障ることをしなかったか?
不機嫌になってしまった原因は何だったのか?

男性は結構勝手な生き物でして、ほんの些細なことでへそを曲げてしまっていることも考えられます。

なので、どんなに細かいことでもいいので、なぜ彼は突然別れると言い出したのか?

自分一人の時間を作って、少しだけ考えてみましょう。

そうすることで今までの彼との関係性を考え直すきっかけにもなりますし、
お互いの悪かったところや直すべき点が明確に見えてきます。

突然の別れに困惑してしまい、焦ったり落ち込んでしまったりするのは仕方ないですが、
とにかく原因を考えて、どうすればそれを改善できるか?

これを自分なりに考えてみることで復縁の可能性は大きく広がります。

メールで相手の気持を確認!

なぜ別れることになってしまったのか?

それを突き詰めていくことで原因らしきものが見えてきたと思います。

そしたら次は行動あるのみです。

ラインや電話、なんでもいいので思い切って彼と連絡を取ってみましょう。

よく、復縁するためには「冷却期間が必要」と言われていますよね。

3ヶ月から5ヶ月は連絡を絶ったほうがいいと言う意見も見られます。

確かに、明らかに二人の関係が不仲になってしまっていたり、
どうしようもなく疎遠になってしまっているのであれば、冷却期間は必要です。

しかし、今回のように突然の振られてしまった場合は、
彼氏自身も「なぜあの時一方的に振ってしまったのか?」気持の整理がついておらず、別れを後悔しているパターンも多いです。

なので、本当に二人の仲が冷めきってしまわないうちに、さっさと関係の修復を進めてしまうのが吉です。

メールの送り方

実際にどういう風に連絡を取ればいいのか?

この時、ストレートに「やり直したい!」といってしまうのはNGです。

なぜなら振った側は少なからず「優位性」を感じているから。

要するに、向こうが復縁を迫ってきても、自分次第でいつでもやり直せる。

と考えているからです。

これではたとえ復縁できたとしても同じことの繰り返しです。

自分が迫って相手の考えだけで関係をやり直してしまっては、
次またいつ彼氏の気分次第で別れを言い出されるかわかったものじゃありません。

なので、ストレートに思いを伝えるのはあとにして、まずは二人で合うきっかけを作るような連絡をしてください。

「ご飯食べに行かない?」
みたいな軽い感じのノリでメールしてみるのがコツです。

他には、彼が好きだったことや、共通の趣味で誘うというのも効果的です。

同じ歌手が好きだったらチケットを取ってコンサートに誘うのもありですし、
ゲーム好きならその話題でもいいでしょう。
そこから話を発展させて会う理由を作り出します。

とにかく自然に会うきっかけを作るようにしてみてください。

話し合いの時間を設ける

連絡が取れたら、あとは二人で話し合う場を設けます。

この場面でも感情的になってしまうのはダメ。

重い空気にならないように、なるべく自然な会話を心がけてください。

初めから恋愛の話はご法度です。

復縁したいというのが見え見えですし、
相手が重く捉えてしまう可能性があります。

この時もとにかく自然な流れを意識して、
スムーズに会話するように心がけましょう。

普通に会話を続けていくと、恋人とか復縁とか関係なく楽しくなってきます。

もしかしたら付き合っていた頃よりも会話が弾むかもしれません。

少しだけ会えない期間があったので、会話に新鮮さがあると思います。

そこで満を持して「やり直さない?」としかけてみましょう。

別れてしまった原因や、これまでの二人の関係性は十分に理解できているはずなので
自分が悪かった点があれば素直に謝ってみます。

そうすることで彼氏も「わかってくれたんだ」と感じ、
スムーズにもとの関係に戻ることができるはずです。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった

「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」

を掲載しています。

今現在、「もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。

➡️体験談を見てみる