【男が教える】元彼が忘れられない人が復縁を目指すか・未練を断ち切るかを判断する時の9つのポイント

別れてしばらく経つのに、今でも元彼の事を思い出してしまう
向こうにその気はないかもしれないけど、できればもう一度やり直したい

このように

別れた元彼のことがどうしても忘れられない!

と悩んでいませんか?

別れた彼氏とは言っても、本気で好きになった男性。

そう簡単に忘れられるものではありません。

特に、彼の都合で一方的に振られてしまった場合や、彼が他の女性を好きになってしまい、別れることになったという理由ならなおさらです。

ある女性誌のアンケートでは、元彼のことが忘れられないという女性は、全体の三十五パーセント以上もいたそうですので、
いかに元彼という存在が大きいものかが見て取れますね。

しかし、元彼のことが忘れられないからといって、いつまでもくよくよしているだけではいけません。

元彼のことが忘れられない人の中には、

未練を断ち切って新しい恋を見つけるか

それとも

自分の気持ちに正直になって復縁を目指すか

どちらを選べばいいか迷っている

という人も多いと思います。

今回はそんな方に向けて、男性の視点から「元彼を忘れられない時、未練を断ち切るか、復縁を目指すかを判断するポイント」をご紹介します。

後悔しない道を選びたい!

自分の気持ちに決着をつけたい!

という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

別れてから三週間は本心がわからない

元彼が忘れられない時、未練を切るか?復縁か?を判断するためには、まず

自分の元彼に対する気持ちは本心なのか

を明確にしなくてはなりません。

それを判断するための、一番初めに見るべきポイントは

彼と別れてからの期間

です。

一番オーソドックスな基準としては

元彼と別れてから三週間以上、期間が経っているか

これを目安にしてみましょう。

別れてから時間が経っている場合の復縁方法については別れてから半年以上経っている元彼との復縁方法を別れの原因別に紹介にて詳しく解説していますが、

別れてからすぐは、自分の本当の気持ちが、自分でもわからないものです。

仕事でも習慣でも、一つの物事を始めたり、新しい環境に慣れるためには、最低三週間が必要と言われています。

しかし、この三週間というのも、実はただ一つの目安に過ぎず、向いていることなら一週間そこらで習慣にすることができますが、
逆に、耐えられないほど苦痛なものであれば、三週間どころか一年経っても慣れないものです。

三週間彼のいない生活を体験してみて、

「何とかやっていけそうだ」

と思えるのであれば、自分にとって、彼の必要性は低く、時間が経てば彼を忘れることができるでしょう。

しかし、彼と別れて三週間以上経っても胸のつかえがとれず、どうしても彼の事を思い出してしまう。
と感じるのであれば、あなたは

別れた元彼のことを心から求めている

ということになります。

振られた直後は、当たり前だったものがなくなったさみしさや、鮮明に残ってる思い出が邪魔をして、自分の本心を知ることができません。

なので、別れてすぐは彼を忘れられないのは当たり前。

新しい恋愛に進むか、復縁を目指すかは、彼と別れて三週間経った後の自分の気持ちを基準に決めるようにしてみてはいかがでしょうか?

三週間という期間は、復縁を目指すために必要な冷却期間としても非常に有効な時間です。

なので、三週間経ってみて、「やっぱり彼とよりを戻したい!」と思った時にも有利です。

本当に後悔しない道を選ぶには、やはりある程度時間をかけて、ゆっくり考えてみることが大切です。

別れてすぐの方は、まずはじっくり腰を据えて、彼のいない生活を三週間ほど送ってみてください。

きっと、自分の本当の気持ちがわかるはずです。

初めての彼氏は特別?

元彼のことが忘れられないという人は、実は

元彼が自分の人生で初めての彼氏だった

という場合も非常に多いです。

一度でも恋愛を経験したことがある人ならわかると思いますが、初めての恋人というのは、自分の人生の中でとても重要なキーパーソンです。

良くも悪くも、何年、何十年経っても覚えているものなんですよね。

そして、そんな初めての彼氏が、優しくて、かっこよくて、心から惚れていた男性なのであれば、「別れた彼氏のことが忘れられない」となってしまうのも当然のことです。

初めての彼氏だからと言って、必ずしも知らず知らずの間に特別扱いしてしまっているというわけではありませんが、

初彼氏と別れた時の感情はプラスになりやすい

と思っておいたほうがいいでしょう。

人間は初めての体験というものには弱く、無意識のうちに、プラスの感情多めで記憶に刻み込まれてしまうものです。

なので元彼がら本当は自分にとっては必要のない人であっても、初めてという要素が非常に大きいため、失恋の悲しさと相重なって、頭から離れなくなってしまうものです。

しかも、一人の男性しか知らないため

「自分にはこの人しかいない!」

と、盲目になってしまいがちなんですね。

むしろ、一度冷静さを取り戻すために、新しい男性とお付き合いしてみる方が良いという場合もあります。

なので、初めての彼氏が忘れられないという方は、

初めての相手だからと特別扱いしていないか?
他の男性にも、自分とマッチングしてる人がいるのではないか?

を、もう一度考えてみることも必要です。

情熱的な恋愛は人を盲目にさせる

初めの彼氏ではなくても、元彼のことが忘れられないという方の中には、

私を幸せにしてくれるのはあの人しかいない
元彼以上に好きな人なんてできるはずがない

と思ってる人も多いです。

そしてこれは事実でもあり、嘘でもあります。

彼と愛し合った気持ちが大きければ大きいほど、お付き合いしていた時代の記憶というのは、自分の中で少し大げさに残ってしまうものです。

情熱的な恋愛は人を盲目にさせる」というやつですね。

どんなにひどい振られ方をしても、彼の都合で別れを告げつけられても、彼との刺激的な日常を思い出し、いつまでも踏ん切りがつかないという人も多いです。

これは、彼を人としてではなく「思い出」として捉えてしまうと、このようなことが起こってしまいます。

なので、元彼が忘れられないのは、彼のことが好きというよりも、彼と過ごした時間が好きと思っているのかもしれません。

自分の知らない世界を知っていたり、あなたにとっての初めてをたくさんくれた人だったりすれば、

「刺激的な日常が忘れられない→「元彼が忘れられない」

と錯覚を起こしてしまうこともしばしばあります。

しかし、彼と復縁を目指すかどうかの判断ポイントはそこではなく、

元彼とよりを戻して、自分は幸せなれるかどうか

を第一に考えるべきです。

元彼と一緒にいたい」という気持ちが強すぎて、自分の幸せを全く考えなくなってしまえば元も子もありません。

なので、元彼が忘れられず、復縁をするかどうか迷っているのなら

自分は彼と過ごした時間が好きだったのか

それとも

彼自身が好きで、信頼できる存在なのか

を明確にしてみましょう。

情熱的な時間を過ごした彼氏ほど、錯覚起こりやすいので、一度冷静になって自分が本当に好きなのは何か?を考えてみることが大切です。

⇒彼氏に尽くしたのに振られたら復縁は無理?本当の理由を知ることの重要性

自分のアクセサリーにしていないか?

未練を断ち切るか、復縁を目指すかの判断ポイントで、重要な項目の一つに

彼のことを無意識に自分のアクセサリーにしていなかったか

というのがあります。

元彼がイケメンだったり、高収入のエリートだったりすれば、

この人と一緒にいれば自分の株も上がる

と無意識に考えてしまってる場合もあります。

もちろんこういった、外ヅラだけが目的で男を選ぶ女性もいますが

本当に好きという気持ちと、自分のステータスを高めてくれる存在という認識が重なると、別れてから「忘れられない」という気持ちになってしまいがちです。

彼自身が好きというよりも、

彼と付き合っていた自分が好き

これも自分の目をくらませてしまう、いけない考え方の一つです。

失恋後は様々な錯覚から、

「彼が忘れられない」

と思ってしまいがちですが、本当は自分の利益のことしか考えていなかった、という場合も多いんですね。

もちろんそんなつもりは一切なかったという方もたくさんいらっしゃると思いますが、外見や収入以外にも、お付き合いすることにより生じる利益はなかったか?

考えてみると、もしかすると思い当たる点があるかもしれません。

自分を成長させてくれる存在か?

別れた元彼は、あなたを成長させてくれる存在ですか?

ただただ優しくて、自分のわがままにも寛容で、自分に悪いところがあってもいつもさりげなくカバーしてくれる。

世の中の女性からしたら一見、素敵なジェントルマンに映るかもしれません。

しかし一時的な恋愛ではなく、末永くお付き合いをしていこうと思うのであれば、このような男性は、あなたを成長させてくれる存在とは言えません。

実際に、彼女が何をしても笑って許してくれる男性は多いです。

でもそれは、彼女のことが好きだからというよりも

こちらが怒らなければ面倒事にはならないだろう

という考えの方が強いです。

また、こういうタイプの男性は、お付き合いしているときは寛容で温和でも、結婚すると豹変してしまうことも多いんですね。

恋愛はお互いを高めあうことができる、素晴らしいもの。

決して傷の舐め合いをするようなものではありません。

お互いのいいところだけでなく、悪いところも言い合える存在でなければ、それはただの都合のいい関係になってしまいます。

なので、もしあなたの元彼が

何でも許してくれる優しい人だった

という理由で復縁を目指しているのであれば、一度考えを改めてみたほうがいいでしょう。

元彼と復縁して結婚を考えられるか?

アラフォーやアラサーの方は特にですが、

未練がある元彼と復縁して、結婚までを想像できるか

というのも、大切なポイントになってきます。

中高生などであれば、元彼と復縁して結婚するというのはなかなか現実的ではありませんが、
二十代も後半さしかかってくると、結婚も視野に入ってくる頃でしょう。

結婚となると、どうしても恋愛感情だけでは成り立たないことが多いです。

必ずしも高収入である必要はありませんが、やはりある程度安定した収入は必要ですし、子供が出来た事ときのことも考えて、

彼が育児に協力してくれそうか

というのもチェックしておきたいポイントです。

先ほども言いましたが、「元彼のことが忘れられない」というのは、失恋直後の錯覚である場合も多いです。

前提として、好きという気持ちは勿論必要ですが、
ある程度のラインに年齢が達しているのに、結婚する気がない彼氏を持っていると、ずるずると長引いてしまい、婚期を逃すことになってしまいます。

なので

「復縁して彼と結婚したい!」

とは思っていても、具体的な結婚生活がリアルに想像できなかったり、彼に安定した収入がないという場合は、いっそのことを断ち切ってしまったほうがいいかもしれません。

もちろん、結婚となれば覚悟決めて、きちんと就職し、
子供ができたとしても、親としての自覚を持って、子育てに協力的になってくれるという男性もいますので、一概には言えませんが

彼の人柄や性格を考えて、一度現実的な考えを持ってみるのも大切です。

元彼を束縛しない自信は?

元彼のことが忘れられないという人の中には、

彼なしでは生きていけない

というレベルまで元彼に依存してしまってる女性も多いです。

束縛が原因で振られてしまった時の復縁方法については束縛のしすぎで振られた彼氏と復縁する方法。冷却期間より大切なのは余裕と改善意識で詳しく解説していますが、

実際に、男性が彼女を振る理由としても、

彼女の依存、束縛がひどかった

というのは上位にランクインしています。

これも、あまり自分では気づかないかもしれません。

しかし、常に一緒にいたいと思っていても、それを実際に口に出したり、彼を縛るために行動してしまっては、それは依存です。

恋愛は、どちらかが一方が依存している状態で、決して上手くいくことはありません。

特に一度別れを経験した女性は、元彼と復縁したとしても、一度別れを経験している怖さから、無意識に彼を束縛してしまいがちです。

そうなると、同じことの繰り返し。

彼はまたあなたの元から離れていってしまいますし、自分も幸せになることができません。

彼のことを心から信じられないのであれば、無理をして復縁をするべきではないでしょう。

逆に、

自分の束縛心を直して、復縁するために自分を成長させることができる

と、自分に思わせるぐらいの男性なのであれば、全力で復縁を目指してみるべきでしょう。

恋愛は、少し自己中心的でもいいので、自分の幸せを第一に考えるべきです。

なので、

元彼と復縁したとして、自分は彼を束縛しないか

これも、未練を切るか?復縁をするか?の判断の一つのポイントになってきます。

恋愛以外で彼を尊敬できるか?

最後に、あなたは彼のことを、恋愛感情以外で尊敬することができますか?

恋愛の入り口は、外見や、特徴。人間性など、男性に惹かれるポイントはさまざまです。

もちろん「好き」という感情がなければ恋愛は始まらないので、単純に好みというのも大切です。

異性として好きになれない相手と一緒にいても楽しくないですからね。

しかし、一度原点に戻って、彼のことを一人の人間として見てみる事も大切です。

あなたにとって元彼が心から尊敬できる人間であれば、彼と復縁すれば、きっとうまくいきます。

簡単なことですが

  • 自分の話を目を聞いて聞いてくれる
  • 遅刻せず、時間を守ってくれる
  • 自分にだけでなく誰にでも優しく接することができる
  • 感情的にならず、大人な対処ができる

こういった、

人間として尊敬に値する存在かどうか

異性としての魅力が光り、意外と人間性というのは、見落としてしまいがちです。

しかし、人間としての信頼関係が築かれていないと、恋愛はうまくいきませんし、浮気などにもつながってしまいます。

せっかく彼と離れる機会ができたのですから、今の状況プラスに考えて

近すぎて見えなかった彼のことを距離を持って見てみよう

と考えてみると、彼のことを、人間的に観察することができます。

男性としてだけではなく、人として一緒にいたいと思えるのであれば、ぜひ復縁を目指してみましょう。

どうしても忘れられないなら全力で復縁を

ここまで

元彼のことが忘れられない時、未練を捨てるか、復縁を目指すかの判断基準

をご紹介してきました。

彼に振られてしまって辛いかもしれませんが、見方を変えれば

彼のこと彼女として以外からの視点から見ることができるチャンス

とも言えます。

離れる期間をとることで、今まで見えなかった彼の姿を見ることもできます。

一度冷静になってみて

やっぱり私は彼が好き!

と思えたのであれば、是非復縁を目指してみましょう。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった

「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」

を掲載しています。

今現在、「もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。

➡️体験談を見てみる

関連記事

⇒元彼が出す復縁の脈なしサイン〜line編〜

⇒元彼がラインをブロックする心理と復縁の可能性を見極める方法

⇒完全に嫌われた元彼と仲直りする方法。復縁を目指す前に考えるべきこととは?