【男が教える】社内恋愛の失恋から立ち直る6つの方法と振られた後の選択肢

職場で付き合っていた彼に突然振られてしまった

社内恋愛が難しいのはわかってたけど、どうしても諦めがつかない

このように

社内恋愛をしていた彼と失恋して、どうしても立ち直れない

と悩んでいませんか?

生きていれば失恋は何度も経験することですが、その中でも社内恋愛からの別れは特に辛いですね。

彼の事が好きなのに、振られてしまったという方ならなおさらです。

忘れようと思っても、距離が近いので、どうしても視界に入ってしまい、なかなか踏ん切りがつかないという方も多いと思います。

いっそのこと距離を置くことができればどんなに楽か…と思いますよね。

今回は「社内恋愛の失恋から立ち直る方法」をご紹介します。

失恋のショックで、仕事が手につかない
いい加減くよくよしないで前を向きたい

という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

半年間は悲しみが抜けない覚悟

失恋から立ち直るためには、時間薬が必要である

と言われているように、完全に失恋から立ち直り、彼を吹っ切るためには、やはりある程度の時間が必要です。

普通の恋愛であれば、彼と離れて三ヶ月も経てば、徐々に思い出も色あせていき、次の恋愛へ向かうことができます。

しかし、社内恋愛では皮肉なことに、彼と距離を置くという、基本的な方法を取ることができません。

なので、

仕事に打ち込めば彼を忘れることができる

という期待は捨て、少なくとも半年間は、彼を忘れられないという覚悟を持ちましょう。

女友達と積極的に遊ぶようにしたり、自分の趣味に熱中したりと、気を紛らわせる手段はいくつもあります。

でも、一人でいる時間や、集中が途切れたふとした瞬間に、どうしても彼を思い出してしまうものです。

そんな時、「私はなんて未練がましい女なんだ」と考えてしまってはいけません。

彼といた時間が長かった分だけ、彼との思い出が濃かっただけ、失恋から立ち直るには時間がかかります。

失恋をしたからといって、彼のことを完全に忘れなければいけないわけではありませんが、彼なしの生活に慣れるまでは少なくとも半年を見ておくべきでしょう。

また、「彼と復縁したい!」という場合も、別れてから半年以上経っている元彼との復縁方法を別れの原因別に紹介で触れているように、半年間という期間は、冷却期間の役割も果たしてくれます。

その間は、無理に思い出の品を捨てたり、画像を削除したりしなくてもいいと思います。

ゆっくりと時間をかけて、彼のいない生活に慣れることが大切です。

仕事中はとにかく彼を見ない!

全く彼を視界に入れない

というのは、同じ職場なので難しいかもしれませんが、少なくとも、自分の方から意識的に彼を見てしまのは避けるようにしましょう。

社内恋愛での失恋は、彼が視界に入ったり、彼の声が聞こえたりして、仕事に集中できなかったり、彼との時間を思い出してしまったりしがちです。

また、彼が他の女性社員と話してるの見ると、たとえ一度は諦めがついたつもりでも、どうしてもジェラシーを感じてしまうものです。

復縁を望んではいなくても、元彼に新しい彼女ができてなんだかモヤモヤする

というのはよくあるもので、
別れた彼氏でも、他の女性と仲良くしてるところ見るのはなんとなく辛いものです。

そんな気持ちにならないためにも、なるべく意識しないようにして、彼を視界に入れないようにしましょう。

挨拶だけをかわし、あとは社員として

同じ職場で仕事している中なので、彼と全く関わらないというのも、これまた難しいです。

仕事という名目ではありますが、彼と会話をしたり、連絡をしなければならないということも多いでしょう。

はじめは仕事と割り切って接しているつもりでも、頻繁に彼と会話や連絡をしていると、自然とまた「好き」という気持ちが湧き上がってしまいます。

そんな時、感情的に「私達やり直させい?」と言ってしまいたくなることもあります。

復縁の提案でなくても、また二人で会いたいとか、もう一度話し合いたいと言ってしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、復縁はきちんと手順を負わなくてはうまくいきませんし、彼と話すだけでまた気持ちが舞い上がってしまうようでは、彼を忘れることはできません。

なのでまずは、彼をただの一人の社員だと思うことです。

元彼という立ち位置を捨てて、先輩後輩や、同期として割り切ってしまうのが良いでしょう。

彼を特別な存在として扱ってしまうと、やはり過剰に意識してしまいがちなので、単なる仕事上の関係と考えてしまうのが吉です。

⇒【会社の既婚上司に片思い】恋愛が実らない9つの脈なしタイプ

彼と別れたからできることがある

意外と盲点かもしれませんが、彼と別れたからこそできることというものがあります。

彼と二人でデートしていたとき、彼と一緒に家にいたとき、その時間を自分のために使ってみましょう。

例えば、

  • 簡単なダイエットしてみる
  • 英語教室に通ってみる
  • 新しい趣味を見つけてみる

など、彼と過ごしていた時間を、自分を高めることに使うことで、新しい恋愛にも繋がりやすいです。

失恋あとのナイーブな期間を、自己向上のために使うことで、マイナスをプラスに、とても有意義な時間を過ごすことができます。

失恋後は暗い気持ちのあまり、一人で考え事をしてしまう時間が多くなりがちですが、
彼と過ごしていた週末や、就業後の少しの時間を、有効活用するように心がけてみましょう。

広い場所に行こう

失恋後は自分だけの殻に閉じこもってしまい、狭い視野で物事を見てしまいがちです。

あの時こうしていれば振られずに済んだかもしれない
元彼に寄り添えた部分がたくさんあった

など、考えるときりがありません。

しかし.彼と復縁する。
もしくは、新しい恋愛を始めるのであれば、もっと広い視野を持たなくてはなりません。

なので、簡単にできる方法として、まずは広い場所に行ってみましょう。

  • 大型のデパート
  • 遊園地
  • アスレチックのある広い公園

などでも構いません。

たくさん人のいるところや、開けた場所に自分の身を置くことで、大きな範囲で広い視野を持つことができます。

そうすれば、彼を恋愛の相手として以外からの側面からも見ることができます。

失恋を教訓にして、次の恋愛にも生かしやすいのです。

依存心や嫉妬心をなくすためにも有効なので、
ぜひ休日や休暇を使って、人のたくさんいる大きな場所に行ってみるようにしましょう。

復縁を目指す

ここまで「社内恋愛の失恋から立ち直る方法」をご紹介しましたが、必ずしも彼を諦めてしまう必要ありません。

彼と復縁して、もう一度一からやり直す

という選択肢もあります。

社内恋愛の復縁は難しいとは言われていますが、手順を追って正しく復縁活動を行えば、
たとえ一方的に振られた社内恋愛の彼であっても、よりを戻すことは可能です。

振られてしまった直後は

私は嫌われてしまったんだ

彼に必要とされていないんだ

と落ち込んでしまい、もう一度やり直すという選択肢を忘れてしまいがちです。

しかし彼のことがまだ本当に好きなのであれば、そう簡単に諦めるべきではありません。

失恋から立ち直って次の恋愛へ向かう!

というのも一つの手ですが、彼ともう一度やり直せるチャンスはあるというのも、ぜひ覚えておいて欲しいポイントです。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった

「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」

を掲載しています。

今現在、「もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。

➡️体験談を見てみる

関連記事

⇒進まない友達状態の元彼と復縁する方法。女として認識してもらうための要素とは?

⇒社内不倫で振られた既婚男性と復縁する方法と職場ならではの冷却期間の取り方

⇒彼氏に尽くしたのに振られたら復縁は無理?本当の理由を知ることの重要性