【男が教える】社内不倫で振られた既婚男性と復縁する方法と職場ならではの冷却期間の取り方

社内不倫相手の彼に振られてしまった…

お互い納得して別れを決めたけど、やっぱり彼が忘れられない!

このように

社内不倫で別れた彼と復縁したい!

と悩んでいませんか?

最近では女性の社会進出がめまぐるしく、
女性であっても正社員として働いてる方は増えています。

その分職場の人間と接触する回数も増えますので

既婚者の上司と不倫関係になってしまった

という方は意外にも多くいます。

しかし社内不倫は禁断の恋愛なだけに、少しのきっかけで別れが訪れてしまうものです。

たとえ相手が既婚者だったとしても、本気で好きなのであれば復縁したいと望んでしまうのは仕方がないこと。

辛いことも多いかもしれませんが、自分が本当に愛せる人間とは絶対にヨリを戻すべきです。

それに結論から言ってしまえば、社内不倫で別れた場合は、
状況にもよりますが非常に復縁しやすい環境でもあります。

今回の記事では、男性の視点から「社内不倫の恋が復縁しやすい理由と復縁する際のポイント」をご紹介します。

社内不倫なんて関係ない。自分の気持ちに正直でいたい

という方はぜひ参考にしてみてください。

社内不倫が復縁しやすい理由

単純接触効果の作用

まず、社内不倫が復縁しやすい理由の一つとして、単純接触効果が挙げられます。

単純接触効果というのは
一つの対象物に対して接触の回数が多くなるにつれ、好感度が高まっていく

という、心理効果のことです。

初めは興味がなかったけど、何度も接するにつれ、相手のことが気になるようになってしまった。

という経験はないでしょうか?

お互いの接点はなくても、視界に入っていたり、声が聞こえるというだけでも単純接触効果は働きます。

音楽などでも、

「聞いていくうちにだんだん好きになってきた」

ということも、よくありますよね。

社内にいると、どうしても不倫相手だった彼が目に映ってしまいますが、
それは彼にとっても同じです。

たとえ相手のことを嫌いになってしまって別れた場合でも、何度も接点を持つことによって、また自然と好感度が高まっていってしまうのですね。

男の方から振られた場合、男性側から復縁を申し出てくることはあまりありません。

しかし社内不倫の場合では、相手に対する意識がプラスに変わりやすいので

彼の方から復縁を申し出てくれる可能性も高い

と言えるでしょう。

後悔しやすい

一般的なカップルであれば、彼が一方的に別れを告げた場合、
ラインをブロックしたり、着信拒否したりして、彼女との接点を断とうとするでしょう。

⇒元彼がラインをブロックする心理と復縁の可能性を見極める方法

完全に接点や、思い出を消去してしまえば後悔することはないからです。

しかし、いくら自分の感情だけで別れようと決めた場合でも、
少しでも接点が残っていれば、二人で過ごした時間の貴重さや、思い出などがよみがえり、後悔したり、未練が残ってしまったりするものです。

単純接触効果とあい重なって、社内という環境は、彼の後悔も呼び込みやすいということですね。

また、職場には社内不倫の相手意外にも、たくさんの男性がいらっしゃるでしょう。

男性には独占欲がありますので、たとえ別れた相手であっても他の男性と楽しそうに話してるところを見ると、後悔や悔いが出てきてしまうものです。

会社という性質上、二人だけの関係にはなりにくいので、彼が思い直してくれる可能性も高い傾向にあります。

プライベートの干渉が少ない

会社という性質上、プライベートな干渉度が少ないというのも、
社内不倫の復縁を成功させやすい要因の一つです。

プライベートで会うような関係性の場合、
彼氏彼女の関係ではなくても長く接点を持つことにより、相手の嫌な部分がどうしても目についてしまうものです。

しかし、会社ではプライベートな自分は出さず、緊張感を持って行動している方がほとんどです。

ある意味本当の自分ではないとも言えるので、相手の嫌なところが目につきにくいのです。

もし彼に嫌われてしまって別れを切り出された場合であっても、
職場でのあなたはまるで別人のように映りますので、再び魅力を感じてくれるようになる場合多いです。

社内不倫の彼と復縁するには?

区切り期間を作る

復縁において、冷却期間はとても重要な要素です。

お互いの考えを改め、頭を冷やすためには、一定期間距離を置くことが一番の近道です。

しかし社内不倫関係から別れた彼であれば、どうしても距離を置く会話を一切しないというのは困難なことでしょう。

一般的に冷却期間中は

  • 一切会わない
  • 一切連絡を取らない

が原則です。

しかし、社内不倫からの復縁といえど、距離を置く期間を設けないと、「お互いを本当に愛しあっての復縁」ができません。

なので、冷却期間ではなく区切り期間をとるようにしましょう。

完全に接触を断つことは不可能なので、上司と部下、または同僚としての関係だけに、完全に区切ってしまうのです。

いくら別れた相手であっても、社内であれば

  • プライベートな話をする機会
  • 一緒に食事をする機会
  • 二人きりになる機会

と、何かと彼と接する場面も多いでしょう。

しかし、区切り期間中は仕事に支障のない範囲で、彼とのプライベートな話題や関係は一切断つようにしましょう。

  • 二人きりになる機会があるときは誰か同僚の社員を連れて行く
  • 飲み会や食事の際はなるべく彼と離れた席に座る

などなど、少し彼との距離を離すことで冷却期間の代わりになります。

彼と復縁したいのに離れなければならないという、まるで修行のような期間ですが、この間は焦らずにじっと耐え抜く覚悟が必要です。

他の男性社員とも仲良く

彼に

復縁したい!

と思わせるためには、自分から彼を追うのではなく、彼に追ってもらう必要があります。

追われる女になるというと、なかなか難しいことのように聞こえますが、会社内だからこそ

他の男性と仲良くする

というテクニックが使えます。

職場ではどうしてもお互いの距離が近くなってしまいがちなので、相手の様子は嫌でも目に入ります。

なので、あなたと男性社員が話をしていたり、楽しそうにしている姿は、彼の眼にも映っています。

別れの際はあなたに飽きたり、冷めたりしていた彼でも、他の男性とは楽しそうにしてる姿を見れば、彼も

俺がいなくても楽しそうにしてる…
俺の方から振ったのになんかモヤモヤする…

とら悔しがってくれるきっかけになります。

より効果的にするポイントとしては、

  • なるべく若い男性社員にする
  • 彼とは違ったタイプの男性社員にする

です。

お相手の男性が年上なのであれば、やはり自分の年齢にはコンプレックスを感じているはず。

若い社員には生命力や若々しさや、話題の共感性では勝てません。

彼が与えられない部分を与えられてる人と仲良くすれば、彼は、それを埋めることができないフラストレーションを持つことになります。

彼に

悔しい!

と思ってもらえることができれば、復縁までの時間はそう長くはかからないでしょう。

⇒職場の既婚男性にやきもちを妬かせる5つの方法

バレる危険性をなくす

彼は別れ際に、何と言ってあなたを振りましたか?

今は仕事に集中したいから
やっぱり不倫なんていけないよ」「君にはもっと若くていい男がいる

といったところでしょうか。

確かにこれは本当の理由かもしれませんが、既婚男性が女性を振る潜在的な理由として

不倫がバレるのが怖いから

というのがあります。

実際に、不倫はバレるリスクが高すぎます。

そのため、どんなに好きな女性であっても、周りの目や世間体を気にして別れを選ぶ男性も多いのです。

なので既婚者の彼と復縁を目指すのであれば、

自分と不倫をしても絶対にバレない

というところをアピールしなくてはなりません。

なので、区切りの期間を経て、彼と連絡をする機会があっても

  • 頻繁にメールは送らない
  • 相手の状況第一に考えてあげる
  • 相手の都合を優先してあげる

といったことが必要になってきます。

彼があなたに本気だったとしても、悩んだ末に別れを決めるくらい大きな原因ですので、
ここをカバーしてあげることは社内不倫の復縁をかなえるための必須事項といえるでしょう。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった

「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」

を掲載しています。

今現在、「もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。

➡️体験談を見てみる

セフレにならないように注意!

ここまで「社内不倫から復縁する方法」をご紹介してきましたが、社内不倫から復縁するときの注意点は

ただのセフレにならないこと

です。

きちんとした手順を踏んで復縁していないにもかかわらず、
セックスをして、体の関係を持つと、「ただの都合のいい女」になってしまいます。

⇒都合のいい女をやめたい人に試して欲しい6つの方法|本命になるための心構え

彼と一緒に過ごす時間はできるかもしれませんが、彼は間違いなくあなたと一緒になってくれることはないでしょう。

そのため、何としてでもヨリを戻す前に体の関係を持つことは避けなければなりません。

プライベートを充実させる

彼のセフレにならないために大切なのはまず、

自分のプライベートを充実させること

です。

彼のことを思うあまり優しい言葉に惑わされて、気づいたらセフレ扱いされていたという女性は意外と多いもの。

そういった女性は、復縁に意識が向きすぎていて、彼が自分の生活の中心軸になってしまっています。

そうならないために、まずはしっかりと自分の生活を優先させるようにしてください。

軸がぶれてしまっていると、彼との復縁が遠のいてしまうだけでなく、仕事にも支障をきたしてしまいます。

なので、特に区切りの期間中は、彼の事はなるべく考えずに、自分のために時間を使うようにしましょう。

飲み会ではちゃんと帰る

社内不倫で別れた既婚男性と体の関係になってしまいがちなのが

飲み会の帰りです

お酒が入って気持ちが高揚してしまい、流れや雰囲気から気づいたらラブホに…というパターンですね。

強い意志を持って、彼としばらくの間距離を置くと決めていれば、このようなことにはならないですが、
ちょっとした心の隙間から、彼と体の関係を持ってしまうことはよくあります。

なので、できれば飲み会には参加しない。
参加したとしても、一次会で切り上げて帰るようにしてください。

同僚や上司にノリが悪いと言われても、体の関係を持ってしまうよりはマシです。

お酒が入ってしまうと冷静な判断ができなくなってしまいますので、あまり飲みすぎるのも控えるようにしましょう。

>>【男性を夢中にさせるフェロモン香水】リビドーロゼの効果を男性目線で徹底レビュー!

弱みを見せない

最後に大切なのは、

社内で彼に弱みを見せないこと

です。

失恋をして悲しい気持ちは、自分のオーラとして周りも分かってしまいます。

そして、そのようなしょんぼりとした雰囲気は、ヤリモク男に狙われやすいです。

これは彼だけでなく、他の男性にもいえることです。

実際に失恋直後の女性を狙うような男性はいるものですから、彼と別れて辛くても常に毅然とした態度でいることが大切です。

関連記事

⇒既婚男性が家族の話をする6つの心理|不倫相手の本気度もわかる?

⇒不倫相手に冷められた5つのサインと彼をもう一度夢中にさせる5つのポイント

⇒既婚者が本気になる女の特徴5選!本命の女になるための条件とは?