【男性視点】既婚者の彼を奥さんから奪いたいなら、彼の不満を埋めてあげよう!

既婚者の男性を好きになってしまった

奥さんと離婚させて、彼を私の物にしたい!

このように、

何とかして彼を奥さんから奪いたい!けど無理そう…

と悩んでいませんか?

彼女持ちの男性ならともかく、奥さんがいる既婚の男性となると、恋愛のハードルはグッと高くなってしまいます。

奥さんがいるのに、私を好きになってくれることなんてないんだろうな

不倫中であっても愛人というのはどうしても「2番目の女」というイメージが強いので、

自分は本命にはなれないのでは?

と思ってしまいますよね。

しかし、世の中に完璧な人間というのは1人もいません。

どれだけ優れた奥さんであっても、時間が経てば、男性は家庭に不満を持つものです。

そこで、本命になるために重要になってくるのは

彼の不満をどれだけ埋めてあげられるか

です。

彼が持っている不満を知り、その隙間を埋めてあげられる女性になれば、彼はきっとあなたに本気になってくれるはずです。

強引な略奪愛というのもありですが、既婚の彼を奪う最初のステップとして、彼の満ち足りない部分を知らなくてはなりません。

今回の記事では、「既婚の男性が奥さんに持つ不満の中で最も多いものを5つ」ご紹介します。

そこにはきっと奥さんとの溝が存在するので、ぜひそれを埋められる女性を目指してみてください。

セックスレス

昨今の夫婦仲が悪くなる原因として、最もポピュラーなのがセックスレスです。

日本人は世界一忙しい人種といわれるだけあって、お互いの時間が取れず、どんなに仲の良い夫婦でも、セックスレスになってしまうことがあります。

また、忙しいという理由だけでなく、スキンシップの頻度の低下、産後の性欲減退、そもそもノンセクシャルだった…

などなど、夫婦の中でセックスレスが生じてしまう原因は数多くあります。

結婚して数年は仕方ないことだと男性も我慢することができますが、やはり男性としては、セックスできないという枷は辛いものがあります。

デリヘルなどの風俗サービスだけで満足できず、不倫に走る…
というケースも多いです。

体だけの関係になんてなりたくない!

と思うかもしれませんが、初めは体の関係からでも、会う回数が増えるにつれ、本命になったというパターンも数多くあります。

なので、もし彼と体の関係になることがあれば、全身を使って、情熱的な演出を心がけてみてください。

体の相性がいい

というのも、男性が本命の女性に求める一つの要素だったりもするので、ぜひセックスは妥協しないようにしてみてください。

>>【男性を夢中にさせるフェロモン香水】リビドーロゼの効果を男性目線で徹底レビュー!

束縛がヒドイ

結婚して数年、まだお互いの恋愛感情が残ってるうちは、少々奥さんの束縛が激しくても男性は喜ぶもの。

束縛される辛さよりも

俺のこと大事に思ってくれてるんだな

という、愛情認識の方が強いので、それ程男性が苦痛に感じることはありません。

しかしあまりにも束縛が強かったり、行動の制限が何年も続いてしまうと、男性は強い束縛感を感じるようになり、次第に奥さんから逃げたくなってきます。

男は追いすぎると逃げていく

という言葉があるように、徐々に縛られることがストレスになり、結果として別の女性と関係を持ってしまうことはよくあります。

情熱的な恋愛を経て結婚した女性であれば、このように旦那さんを過剰束縛してしまう傾向が強いです。

このストレスを解消してあげるには、結婚する前のように、自由度の高い恋愛をさせてあげること。

なので、彼を縛り付けすぎず、ある程度の距離感をもって接することが大切です。

彼をどうしても奪いたい!」という思いから、頻繁にLINEや電話をしまくってしまう女性もいますが、それでは奥さんと同じ。

⇒不倫相手に冷められた5つのサインと彼をもう一度夢中にさせる5つのポイント

「この子も俺を束縛するのか…」と思ってしまわれては、絶対にうまくいきません。

女よりも追われる女になること

彼に昔を思い出させるぐらい、カジュアルな恋愛を心がけてみてください。

家事をしない

「家事をしない」

「料理が美味しくない」

これも夫婦の関係を破滅させる大きな原因の一つ。

お付き合いから結婚までの期間が短かった場合や、遠距離カップルから結婚したパターンなどに多いですね。

それ以外にも、男性は特にですが、年齢を重ねるごとに、なかなか味の濃いものは食べられなくなってきます。

とりあえず、揚げ物とお肉を出しとけば喜ぶでしょ

といった料理観を持っている女性は少なくなく、年齢に見合わない料理を、毎日出されるなんてこともあります。

しかも、ひとたび文句を言おうものなら、奥さんから

「作ってもらえるだけありがたいと思いなよ!」

なんて言われてしまうこともしばしば…

最近はすっかり男性も弱くなってしまったので、なかなか奥さんに逆らうことができない。

男をつかむには、まず胃袋から

とはよく言われますが、意外とおろそかにしてしまってる女性は多くいます。

しかしこれはチャンス。女としての力量の見せどころです。

ただでさえ既婚の男性は、奥さんが出す、同じ系統の料理に飽き飽きしてしまっているので、

彼の趣向や年齢を考えた、あなたの手料理を振舞ってあげれば、彼の胃袋は簡単にキャッチできます。

また、男性に料理を作ってあげる際の一つのポイントとしては一度「何が食べたい?」と聞いてみることです。

「なんでもいいよ」と言われることもあるかもしれませんが、その日の気分に合ったもの出してあげた方が、男性は喜んでくれます。

男性が「サプライズプレゼント」よりも「実用性のあるプレゼント」を好むのも同じ心理ですね。

彼の好みに合わせてぜひ最高の手料理を食べさせてあげてみてください!

外見の劣化

年齢を重ねていくごとに、しわが増えたり、肌が弛んだりしてしまう事は避けられません。

しかし、最近は効果の高い30代、40代のためのスキンケア商品なども増えてきていますから、普段から入念な手入れをすることで十分に回避することができます。

しかし、特に専業主婦などは、刺激の少ない結婚生活に甘んじてしまい、外見を気にしなくなってしまう…という方も多いです。

要するに「女を捨ててしまう」ということですね。

しかし、やはり男性側からしたら、

「自分の妻が、女性としての魅力をどんどん失っていく」

これは非常に耐え難いことです。

人間の最終的な魅力は内面にある

確かにこの通りだと思いますが、美を追求することをやめてしまった女性ほど、魅力のないものありません。

なので、基本中の基本ではありますが、彼に会う時や、アプローチをするときは、決してメイクやファッションをおろそかにしないようにしましょう。

元の外見がどうこうというよりも
女として生きている」というだけで、堕落の道を選んでしまった奥さんと一線を画すことができますからね。

「そんなに見た目に自信がない!」

という方であっても、精一杯のオシャレをすることを心がけてみてください。

彼はそれだけで、あなたに新鮮さを感じてくれるはずです。

精神が不安定

結婚後、様々な理由から情緒不安定になり、メンヘラ化してしまう女性も少なくありません。

例えば

・友達が極端に少なかった
・一切趣味がない
・専業主婦で1人の時間が多くなってしまう

などなど、結婚してから家に引きこもるようになってしまい、生きる意味が見出せなくなってしまうという感じですね。

こうなってしまった女性は、あまりしゃべらなくなってしまったり、
中には、心のさみしさをまぎらわせるために、つい何かを燃やしてしまう「燃やしグセ」が付いてしまった方もいるそう。

これは極端な例かもしれませんが、こういった女性は、男性からするとすごく扱いにくいです。

仕事から疲れて帰ってきたのに料理も用意されておらず、ひたすら下を向いてる女性が待っている…。

考えただけでこっちが鬱になってしまいそうです。

結婚後にガラッと性格が暗くなってしまう女性というのは意外と多くいます。

こういったストレスから彼を解放してあげるには、やはり別の女性との接点というのが必要になってくるでしょう。

明るく、気さくで話しかけやすい女性がそばにいてくれるというのは、それだけで嬉しいものです。

もしあなたが恋心を抱いている既婚男性が、奥さんとの関係がうまくいってなさそうであれば、できるだけ明るく振舞ってあげるというのも、彼を奥さんから奪取するひとつの方法です。

彼の気持ちを知ることで、奥さんから彼を奪える!

結論としては、やはり

彼が結婚生活にどんな不満を抱いているか?

彼が本当に求めてるものは何なのか?

これらを知ることが、彼を奥さんから奪うための一番の近道です。

なかなか判断が難しいところではありますが、ぜひ彼に寄り添って考えてみてください。

また、こちらの記事では、既婚者とお付き合いされている方に寄稿して頂いた、

彼の気持ちが分からず、一方的に本気になって振り回されていた私が、色々頑張って、不倫でも両思いになれた話

という、体験談を掲載しています。

具体的なアドバイスも書かれていて、

彼が自分をどう思ってるのかわからない…

どうしても彼を奥さんから奪いたい!

という方の役に立つはずなので、あわせて読んでみてくださいね

➡️体験談を見てみる

関連記事

⇒奥さんと別れてくれない不倫相手を離婚させる方法

⇒不倫相手の既婚男性から連絡が来ない本当の理由と男性心理

⇒既婚者が本気になる女の特徴5選!本命の女になるための条件とは?